DXコラム

2024.07.01

中小企業がChatGPTを導入するメリットとは?

副編集長の会津藩士です。本日は、中小企業におけるChatGPT導入のメリットについてご紹介します。

急速に身近になったChatGPT(他にもいろいろとありますね)ですが、実際、中小企業の皆さんはどのぐらいご興味を持たれているかを調査した結果によると既に導入している中小企業が10%にも上ることは、この技術の急速な普及を示しています。
※導入に興味あり:30%、検討中:20%、興味なし:40%、既に導入済:10%
私達も導入検討当初は新しい技術で参考情報もまだ無かったので、検討・導入の旗振りをしたIT担当者がかなり苦労しているのを見ています。

■ChatGPT導入の難しさと解決策
①技術的なハードル
<難しさ>
中小企業にはIT部門が小規模または存在しないことが多く、AI技術の導入と管理に必要な専門知識が不足している場合があります。
<解決策>
専門の研修サービスを利用することで、従業員の技術的なスキルを向上させ、AI導入の準備を整えることができます。
また、導入ベンダーに依頼することでコストはかかってしまいますが、初期導入の手間を省き、利用開始に向けたユーザ向け解説や社内レクチャーを受けることができ、スタートダッシュをかけることができます。

②コストの問題
<難しさ>
初期投資として、システムの設定や従業員のトレーニングに関連するコストが発生します。
<解決策>
ChatGPTの導入による業務効率化により、長期的には人件費の削減や運用コストの節約が見込めます。

③組織文化の変革
<難しさ>
AI導入による業務プロセスの変化は、従業員の抵抗感を招く可能性があります。
<解決策>
社内コミュニケーションを強化し、従業員が変化を理解し受け入れられるよう支援することが重要です。

技術的問題、コスト的問題はありますが、意外に組織文化の変革に悩まれている企業様が多いようです。文書電子化などもそうですが、これまでの手順が一新されてしまうのでは?という不安から拒否反応を示してしまう場合も多いようです。これまで以上に利用開始に向けて手厚いユーザフォローがかなり重要だと感じています。

最後にChatGPT導入の考えられる活用場面や導入の利点について例を記載します。

■ChatGPTの活用場面と利点
<考えられる活用場面>
①カスタマーサポート
ChatGPTは、顧客からの問い合わせに対してリアルタイムで対応することができ、24時間365日のサポートを実現します。
顧客に係らず、社員向けサポートとして各種申請手順や良くある問合せ対応で活用が見込めます。

②市場調査
ChatGPTは、インターネット上の情報を収集・分析し、市場のトレンドや競合他社の動向に関する洞察を提供することができます。
人間が手を動かして情報収集・分析するのに比べ、比較にならないほど広範囲に調査・分析を行うことができます。また、分析資料まで ChatGPTが自動で作成してくれますので、その時間を内部検討などの時間に充てることができます。

<考えられる利点>
①コスト削減

人件費の削減: ChatGPTによる自動化により、ルーチン業務や単純作業を効率化し、人件費を削減できます。また、人件費を増やさず人が増えたのと同じ効果を得ることができます。
運用コストの削減: 定型的な業務を自動化することで、時間とコストの節約が可能になります。

②生産性の向上
業務効率の向上: 資料作成やデータ分析などの時間を要する作業をChatGPTが支援することで、作業時間が短縮され、従業員はより重要なタスクに集中できます。
意思決定のスピード向上: ChatGPTを活用することで、複雑なデータ解析や大規模なリサーチも迅速に対応可能になり、ビジネスの俊敏性が高まります。

③クオリティの均一化
高品質なアウトプット: 一貫性のある質の高いドキュメントを生成でき、企業全体のアウトプットの品質が向上します。
社員一人一人に「助手さん」が付くイメージで、メールや営業資料、業務アイデアなどの相談に応えてくれます。

④ビジネスの多様化
マーケティング: メールキャンペーンやSNS投稿作成など、マーケティング業務を効率化できます。
カスタマーサポート: 自然な対話が可能なチャットボットにより、顧客対応を改善し、顧客満足度を高めることができます。

ChatGPTの活用は、今後のビジネスにおいて不可欠な要素となるでしょう。それは企業内だけでなく、日常生活の中でもです。 新しい技術であり、誰もが利用できる技術であることから、少しでも早くChatGPTに触れ、失敗も重ねながら企業様、社員様がノウハウを積み上げることができた企業様が大きく躍進できると考えています。確かにこれまで通り、人が行う必要がある業務もありますが上手くChatGPTを活用して時間を捻出することで新しいビジネスを検討したり既存業務の改善活動を行うことが大切ではないでしょうか。



(副編集長:会津藩士)

⇒ChatGPT導入に関するご相談はこちらから

【連載記事】
⇒Azure OpenAIで実現するChatGPTライクなチャット機能【Part1:Teams編】
⇒Azure OpenAIで実現するChatGPTライクなチャット機能【Part2:Webアプリ導入編】
⇒保険代理店のDXにAIは活用できるのか?!

お問合せ先

事例やコラムに関するご照会、案件に関するご相談やお見積は以下のフォームからお問合せください。

保険代理店DX支援に関するお問合せ